【個人向け】イラスト依頼のやりとりをスムーズに【ご要望シート】

【個人向け】イラスト依頼のやりとりをスムーズに【ご要望シート】

SNSアイコンのイラスト依頼を受けたんだけど、どうやって希望を聞き出せば良いか分からない…

そんな悩みを解決しましょう!
要望を記入できるテンプレートも作ったのでご利用くださいね。

この記事の内容

 

  • 依頼者はどんなイラストが必要か具体的に伝えよう。
    →要望シートを使えばらくちん
  • 絵師はご要望を元に、早めにラフの提出をしよう。
    また、質問内容をはっきりさせよう!

 

70人にイラストを描いてきた経験から、失敗談も踏まえて書くよ!

イラスト依頼のやりとりとは

イラスト依頼のやりとりとは

イラストを描いて欲しい人(依頼者)の要望を、イラストを描く人(絵師/イラストレーター)がヒアリングすることです。

お互いの意見をすり合わせるこの過程が大事なんだけど、依頼者側も絵師側も大変なんだよねぇ〜!

今回は「アイコンの作成」を例に解説していきますが、他のイラスト依頼についても参考にしてください。

用語解説:ラフとは

ラフ=イラストの下書きみたいなもの。絵師が提出したラフをもとにやりとりを進行します。

提出ラフ例
ラフ

完成イラスト例
完成イラスト

お互いのイメージを共有するために、ラフ時点でベースとなる色をおいてから提出します。

イラスト依頼のやりとりの中で「依頼者」が考えること

「依頼者」目線で見ると、「自分の発信したいことに沿うイラストが欲しい」と考えているようです。

  • 自分の性別は〇〇である
  • 発信内容は〇〇である
  • 〇〇な感じのイラストを使いたい
  • 好きな色は〇〇
  • タイムラインで目立つ、記憶に残りたい
  • 良い感じにしてほしい

上記はあくまで例えですが、イラストを使って伝えたいことについて考えています。

イラスト依頼のやりとりの中で「絵師」が考えること

「絵師」目線で見ると、「どんなキャラクターを描いたらいいだろう?」ということを考えています。

  • どんな髪型?
  • どんな目つき?
  • どんな表情?
  • どんな服を着てる?
  • どんなポーズ?

「キャラクター」を描く上で必要な要素について知りたいと考えています。

この2人間で、情報不足だったり意思の疎通がうまくいかないことがあります。

やりとりをスムーズに行うために

依頼者後ほどご紹介するやりとり要望シートをもとに、なるべく具体的に伝えましょう。
絵 師早い段階でラフを提出しましょう。依頼者が意見を出しやすくなります。

ラフの提出可能回数が決まっている絵師もいるので本人に確認すること!

ちなみに運営者(Wakko)は無制限でしたが、絵師も依頼者も考えがまとまらなくなるので3回までを目安にするのが良いでしょう。

イラスト依頼のやりとり要望シートを作りました

イラスト依頼要望のやりとり要望シートを作りました

絵師と依頼者の意思の疎通をスムーズにするためのシートです。
絵師にイラストを依頼したい!という人は以下の用紙に要望を記入して、依頼の際に提出すると
やりとりがスムーズになります。

画像に書き込むのが面倒な場合は、以下をコピペしてメッセージツールで要望を伝えましょう!

イラスト依頼のご要望(コピペ用)

1.イラスト用途
2.キャラクターの外見
・性別
・髪型
・目つき、性格
・服装
・表情
3.追加要素
4.使いたい色(イメージカラー)
5.その他要望

連絡先:

参考画像を添付すると、やりとりがよりスムーズになりますよ!

イラスト依頼のやりとり具体例

ご要望シートを使って、どんなイラストができるか例をあげてみます。

1.依頼者:ご要望シートを記入して絵師に提出する

イラスト依頼ご要望シート記入例

参考画像の用意は任意ですが、Google画像検索やホットペッパーなどのヘアカタログを用いて用意すると親切です。

2.絵師:質問、ラフの提出をする。

上記の要望シートを元にラフを提出しましょう。
「あれっ、目の色どうしようかな?」など、気になることがあれば確認します。
が、絵師判断でいい感じにしておく度胸も必要です。

イラスト依頼やりとり例

ラフの時点で必要な修正を済ませておきましょう。

3.イラストを完成させる

完成したイラストがこちら。

完成イラスト:合いの手ちゃん
合いの手ちゃん(笑顔)

完成イラスト:合いの手ちゃん
合いの手ちゃん(困り顔)

私はこうやって生まれたんですねぇ。

完成後の大幅な修正は絵師も依頼者も大変ですので、ラフの作成時点でお互いの懸念を払っておくことが大事です。

まとめ:イラスト依頼のやりとりをスムーズにするためには

私は、要望をお伺いするときに

「好きなは漫画なんですか?」
「好きな色はなんですか?」

などと漠然としたヒアリングをしてしまっていたので、依頼者さんにご迷惑をおかけしたり、ラフを何枚も描くハメになったりと消耗することもありました。

具体的にどんな要素が必要か、絵師側が依頼者に質問する力が必要だと強く感じています。

自分がイラストを描くときに「なんの情報が必要か」をはっきりさせておきましょう!

まとめ

 

  • 依頼者はどんなイラストが必要か具体的に伝えよう。
    →要望シートを使えばらくちん
  • 絵師はご要望を元に、ラフの提出を早めにしよう。
    →依頼者からの要望をより引き出しやすくなるよ。
     また、質問内容をはっきりさせよう!

 

依頼者と絵師の意思の疎通をはかり
やりとりをスムーズに行い
素敵なイラストを作成しましょう!

おわり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です